【科学】科学の仕組みを物語で!

こんにちは!

演劇デザイナーの香西姫乃です。

 

演劇って、物語を伝えるとか演技するとかイメージがあるかと思うのですが

もっと教育の面でも活かせるんじゃない!?と考えています。

 

極端に言えば、教壇に立っている先生も演技してますよね。

私は小さい頃日本科学未来館の実験教室に参加したことがあるのですが、

その時、担当の先生がとても面白くお話したり

仕組みを解説してくれたりしてとても面白かったことを覚えています。

 

そんな体験を、もっと広く浸透できないか?と考えています。

 

科学は普段あまり目にしないけれど、確実に日常を支えてくれています。

幼稚園や小学生のうちから、「科学って楽しい!」という経験ができたら

もっと未来があかるくなるとおもうのです。

でも、科学って家で簡単にできるものでもないし

どうやって楽しさを伝えればよいのだろう。。。

 

演劇の力をかりて、まるでパフォーマンスのような科学教室ができたら

きっと楽しめるんじゃない!?

 

現地で楽しみ映像でも

科学と言われる現象を目で見る、という機会は案外少ないのでは?と思っています。

スマートフォンだってテレビだって音楽プレイヤーだって料理だって科学だけれど

それを「科学」と認識することはあまりありません

 

特に、生まれた時から科学が身近にあると、

それは自然な現象だって認識してしまうと思うのです。

 

テレビだって電波で受信して光を操り再現する、という仕組み、めちゃくちゃスゴイと思っているのですが

毎日見ていたらボタンひとつで操作できるし、凄さなんて実感ないですよね。

 

でも、もし一度テレビを分解してみたら

 

電波を受信して、光に変えている仕組みを目にすることができたら。

それはとても面白い経験だと思います。

 

ふつうに解体するだけでは、ただの実験教室です。

しかし、それをまるでマジックショーのように見ることができたら。

それはある種のエンターテイメントになり得るのではないでしょうか。

 

現地で間近で、時には動きながら見たり

それを自宅で再生しながら見たり。

楽しみ方は沢山あるかと思います。

 

でも、一度「生で見る」という経験をすると

映像でもまるでその場にいるような感覚になれるとおもうのです。

 

現場の熱さや興奮を、自宅でもパフォーマンスとして楽しむ。

そんな科学パフォーマンス、最高じゃありません?

 

アトラクション型科学エンターテイメントの提案

科学教室、というのは沢山あって。

私が働いている塾でも、実験教室を開催していて

毎回楽しそうに子供達が学んでいました。

 

けれど、原理や仕組みの話になると、とても眠そうだったのです

さっきまで自分で手を動かしていたのに

いきなり講義型の授業になってしまう。

これじゃ学校の授業と変わりありません。

 

きっと、「こんな仕組みになっているんだ!」

というところまで楽しんで学ぶには

ある種の物語が必要なのではないかな、と思います。

 

私はNHKの大科学実験が好きでした。

普段では考えられない規模の実験をして、その壮大さに感動していました。

解説シーンでも、声の調子が変わったりせず、

知的好奇心を満たしてくれていました。

 

でも、あれをもし生で見ることができたら。

私の人生、もっと豊かになっていたのではないだろうか。

 

舞台は学校の教室でも、公民館でも、会議室でもよいと思うのです。

大切なのは「科学を物語で伝えること」

いきなり解説ですよーといくのではなく

あくまで実験の続きとして、伝えるのです。

 

子供達は舞台の上を動き回りながら

好きな場所から実験を見て、ときには参加します。

その参加型のパフォーマンスから

新しい科学教育の形ができると思うのです。

 

「勉強はつまらないもの」という概念をなくしたい

机に向かって覚えて解いて、という勉強が、中高生になると殆どになります。

その時、いかに勉強を楽しめるかって、小学生までに、いかに面白い学習体験をしたかだと思うんです。

 

私は小学生の頃、真空の実験教室に行ったことがあります。

マシュマロが真空になると膨らんで、味が薄まった思い出が笑

 

けれどあの時、

「私が普段みていることは、全部仕組みがあって動いているんだ!」

と思ってから、理科が大好きになりました。

 

中学後半になると、自分の体が弱かったのもあって

人の体に興味を持っていきました。

 

中学の生物なんて、ほぼ暗記じゃないですか。

その中で、「生物の仕組み」みたいなところに興味があって

テスト範囲外のところに一番時間を割いてしまうこともあるくらい

「生きている仕組み」みたいなところに関心があったのです。

 

それもすべて、実験教室での気づきがあったから。

あの原体験を、もっと面白く伝えられないか、と思うのです。

 

科学を物語で伝えて

新しい学びの形をパフォーマンスで伝えませんか?

詳しくはこちら!!!

 

制作までの流れ

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事